会社辞めたいならコレ!

会社を辞めたいと思っていても、「自分に合った仕事があるのか」、「信頼できる会社か」、「転職したら今の年収からどのくらい高くなるか」気になりませんか?

 

MIIDASで無料診断

今のあなたなら○○業界に転職すれば、年収300万円⇒450万円までに!!
上記のように自分のやりたい仕事でどのくらいの年収なのか市場価値がわかるので、転職を考えている方にオススメの無料診断サービスです!

 

 

MIIDASって?

人材大手のインテリジェンスから新しくサービススタートした転職支援サービスです。

 

特徴

・職務経歴書など経験スキル情報は、ほとんどが選択式!
⇒基本的な学校名や企業名は記入して頂くものの、
 ほとんどが選択式で選べて、ユーザー負担が全くなく登録が可能です。

 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)をすべて公開。
⇒ どんな人が、どんな仕事に転職できたかがわかる。

 

・職種別、年齢別、学歴別の転職ビフォー・アフターをすべて公開。
⇒ 自分が興味のある仕事に、
  どんなキャリアの人材が転職できているのか知ることができます。

 

今よりもいい環境

会社を辞めたいと思っている女性

もしかしたら違った職業の方が合っているのではないか?
夢だった職業にトライしたい・・・

 

そんな想いから会社を辞めたいと考えるようになった場合、転職では新たな職種を探すことになります。異業種への憧れは誰もが一度は描くものですが、理想と現実は異なります。

 

一見華やかな職業や簡単そうな職種であっても、意外と始めてみるとイメージと違ったというケースはよくあります。また、業界が異なる仕事に就くためには、転職理由や動機を面接時に明確に話す必要があります。

 

企業側が求める中途採用者の条件は、即戦力になる人材を希望することも多いため、未経験でも転職が可能な企業を探さなければない等、同業種に就くよりも比較的大変になってくる事がほとんどです。

 

異業種への転職を目指して会社を辞めたいと思っている方は、自分に向いている”適性な職種”を見極めることが大切です。自己診断と周りからの判断は異なることもありますので、適性を見極めるためには客観視することが重要です。

 

また、希望する業種がある方は、実際はどんな仕事をしているのか?給料はどれくないなのか?詳細をあらかじめ知っておく必要があります。自分に向いている仕事であっても、例えば今のお給料よりも大幅に減ってしまっては生活が難しくなります。

 

そこで、自分の適性力や他の企業の勤務時間や給料額を知るためには、「転職エージェント」の活用がおすすめです。

 

転職エージェントでは、業界に精通したプロのキャリアスタッフに、転職に関する悩みや不安を相談することができます。具体的な方向性が決まってない場合でも、面談や相談を進めていく上で自分に適した職業へと導いてくれますので、一人で悩むよりも転職が成功しやすくなります。

 

業界分析による面接での選考ポイントや、履歴書・職務経歴書の書き方のサポートも行ってくれるので、異業種への初めての就職活動においても、面接が有利に進めるようなサービスが受けられます。

 

2013年度から2014年度にかけて行った転職活動の動機を尋ねたアンケート調査では、”ほかにやりたい仕事がある”と回答した方が最も多く、給料や残業への不満を抜いてトップとなっています。

 

異業種・異職種への転職は決して珍しいことではありませんので、ポイントを押さえた仕事選びや面接の攻略法を踏まえておけば、憧れの仕事に就くことも夢ではありません。
”会社を辞めたい”そう思った時が転機になるかもしれません。まずは無料のエージェントに登録をして、転職計画を立てましょう。


人気の転職エージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントはこれまで30万人もの人々を転職成功へと導いてきた実績があります。

 

リクルートエージェントの強みは、なんといっても業界トップクラスの求人数を誇ることです。リクルートグループならではの企業とのパイプを活かし、大手・優良企業を含め、幅広い求人案件を提供しています。
豊富な求人数だからこそ、自分が求める企業との出会いのチャンスも増えますので、まずは無料エントリーしてみてください。

 

 

企業からのスカウトが来るリクナビNEXT

求人数が豊富で人気が高いリクナビNEXTでは、”スカウトシステム”を採用しています。
職務経歴や希望条件を匿名で登録することで、求人企業や転職エージェントから直接オファーが届きます。

 

企業側から選ばれるのではなく、企業を選ぶ立場になれるので、希望条件を満たした企業への転職が目指せす。

 

現在の仕事を続けながら、自分のスキルや経験が転職市場でどれくらい求められているのかをチェックでき、失敗のない効率的な転職活動が行えます。

更新履歴